So-net無料ブログ作成
検索選択
ハワイ ブログトップ

ハワイ料理とは? [ハワイ]

ハワイ料理とは?

各国からの移民を受け入れ、多民族社会となった現在のハワイでは、「ハワイ料理」と呼べるものを挙げるのはちょっと難しいですよね。
簡単に言えば、ハワイの食材を使い、各国の料理法で調理されたものが、今の「ハワイ料理」ということになります。

ハワイの伝統料理

ハワイといえば、もちろん明治時代になって移民したたくさんの日系人が居ます。
その他にもフィリピン系、中国系、西欧系、。。。と文字通り他民族の“ハワイ人”を構成しています。
そういうわけで、現在のハワイには様々なスタイルの料理が溢れています。

それでも、最初にハワイに住んでいたポリネシア人=ネイティブ・ハワイアンの食文化を伝える「伝統食」も、いくつか存在しますよ。
そんな中から代表的なものをご紹介します。

■ポキ(ポケ)

マグロ、タコ、カニなどの生の魚介に長ネギやタマネギのみじん切りを加えて調味料で味付けしたものです。
日本の刺身にあたる料理です。

■ラウラウ

タロイモの葉とティの葉で豚肉や鶏肉を包んで蒸し焼きにしたものです。
肉の油が抜けたさっぱりとした味が特徴です。

■ロミロミ・サーモン

塩漬けのサーモンとトマト・ネギのみじん切りを塩と一緒に揉んで味をなじませたものです。
ロミロミとは「揉む」という意味です。

■ポイ

蒸したタロイモをペースト状につぶして発酵させたものです。
ハワイアンの間ではご飯代わりに主食として食べられていました。

■カルア・ピッグ

豚肉を土の中で蒸し焼きにした後、細かく裂いたものです。
ポイをからめて食べたり、チリソースや醤油をつけながら味わうのが一般的です。

ハワイ料理って何?

そう聞かれれば、最近ではほとんどの人が「パシフィック・リム料理」と答えるでしょう。
この料理は、ハワイの食材を使って西洋料理と東洋料理両方の技法を織り交ぜて仕上げた、いわゆる無国籍オリジナル料理のことを指します。
有名なシェフも多く、ハワイで最も権威あるレストランコンテストといわれているハレアイナ賞でも毎年この分野から多くの入賞者を輩出しています。

日系のシェフが多いためか、パシフィック・リム料理には
随所で日本の食材・技法が取り入れられています。
現地の食材を海苔で巻いたり、握りにまとめたりした料理や、
味噌・醤油・ワサビ等の味付けを主体にした料理、
さらには仕上げにアラレ、ゴマでトッピングした料理など、バリエーションはさまざまです。

ハワイ食材

気候温暖なハワイでは、様々な農作物が栽培されています。
中でも、古代のハワイで主食とされたタロイモ、
ポリネシア人によってハワイに持ち込まれたサトウキビ、
そしてトロピカル・フルーツの代表パイナップルの三つは、単なる食料としてだけでなく、
歴史を語るうえにおいても重要です。
他にもコナ・コーヒー、ココナッツ、マカダミアナッツなど、ハワイならではの食材が沢山あります。

■タロイモ

「タロイモ」は古代の生活に欠かせない農作物だったためか、
ハワイには神話が多く伝えられています。
中でもポピュラーなのが「タロイモが人間と兄弟だった」という伝説。

空の神「ワケア」と陸の神「パパ」の間に初めて子供が産まれましたが残念ながら死産。
遺体を土に埋めたところ、そこから芽を出したのが「タロイモ」だったとか。
その後、二人の間には二番目に女の子「ホオホクカラニ」、
三番目に人間の先祖となる「ハロア」が誕生します。

このことから昔のハワイでは、
男女が一緒にタロイモを食べてはいけないという言い伝えもあったようです。
タロイモは、主食として用いられることは少なくなりましたが、
肥満気味の人の多い最近のハワイでは、ダイエット食としても再び注目を集めています。

■サトウキビ

サトウキビはポリネシア人によってハワイに持ち込まれたのが起源ですが、
本格的に栽培が始められたのは1835年からです。
米国本土から渡来した白人がカウアイ島にサトウキビ産業を起こしたのがきっかけです。

サトウキビ栽培には大量の労働力が必要だったため、
日本やフィリピン、韓国などから移民を募ることになり、
現在のようなハワイの多民族社会が誕生することになりました。

現在、サトウキビ産業は規模がずいぶん小さくなっていますが、
ハワイの歴史にとって大きな意味を持つ作物です。

■パイナップル

サトウキビと並んで、ハワイの産業の一端を担っていたのが「パイナップル」。
ラナイ島がかつて「パイナップル・アイランド」と呼ばれていたことでも分かる通り、
島全体がパイナップル畑に覆い尽くされていたといいました。

しかし、近年はアジア産のリーズナブルなパイナップルが出回るようになり、
徐々にパイナップル産業は縮小へ向かっています。
現在、ラナイ島は観光の島へと転換を図り、高級リゾートの島として発展を遂げて、
パイナップルは島のシンボルとして残っています。

■コナ・コーヒー

1828年、キリスト教宣教師が観賞用としてハワイ島(コナ地区)にコーヒーの木を植えたのが、
ハワイにおけるコーヒー栽培のはじまり。
収穫して即出荷できる他の農作物と違い、コーヒーの生産には摘み取りや乾燥など、
手間がかかるため、最終的には辛抱強い日系移民が中心になって
栽培を行なうようになったといいます。
希少なため高価ですが、ブルーマウンテンに匹敵するほど、香りが高く深い味わいとされ、
コーヒー通の間では根強い人気を誇っています。

■ココナッツ

一年中気候温暖なハワイは、フルーツの宝庫としても知られています。
なかでもハワイの人々の生活と密接に結びついていたのがココナッツ(ヤシの実)。
果汁をジュースとして飲むほか、
熟した実からオイルを抽出したり、割った後は器として利用したり……。
昔から様々な方法でココナッツは活用されてきました。
せっかく収穫した大地の恵みを無駄にしない……そんなハワイならではの考え方が
ココナッツの利用法からもうかがえます。

■マカデミア・ナッツ

もともとは1881年にオーストラリアからの移民の手により、
装飾用としてナッツの木が持ち込まれたのがはじまりです。
1925年ごろに食料としての商業的な価値が見いだされ、
ハワイ島コナ地方を中心に栽培が盛んになりました。

栄養価が高いだけでなく、ナッツの脂肪はコレステロールを増加させないのでヘルシーです。
チョコレートでコーティングしたものが一番有名ですが、ほかにローストしたもの、
コナ・コーヒーやはちみつなどでコーティングしたものなど種類も多彩です。

【SOURCE: ぐるなび海外版 ハワイ特集 ハワイグルメ基本情報】

あなたも、久しぶりにハワイに行ってみませんか?

日本で旅をするのは高くつくんですよね。
その事を思えば、ハワイまで足を伸ばしたほうが安いかも知れませんよ。

でもね、今ならハワイ特集キャンペーンをやっているところがありますよ。
つまり、応募して当たればハワイ旅行がタダになる。

どうですか?
興味がありませんか?

あなたと彼。。。
あるいは、あなたと彼女。。。
二人でハワイを楽しめる無料の旅。

興味があったら次のリンクをクリックしてくださいね。

『あなたも、もう一度ハワイを再発見してみませんか?』

あなたが失うものは何もありませんよ。
うまく行けばハワイの夢の旅が無料に!

あなたもちょっと覗いてみませんか?
隠れたハワイの魅力を見つけることができるかも。。。

あなたが絶対、
見たいと思っていた
面白くて実にためになるリンク




■ 『あなたのための オンライン・ショッピング ガイド』

■ 『英語のここが分からない、易しく教えて掲示板』

■ 『なつかしの映画・TV番組(うら話)掲示板』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』



■ 『きれいになったと感じさせる下着・ランジェリーを見つけませんか?』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』

おほほほほ。。。。
また現れて、
くどいようでござ~♪~ますけれど。。。
あたくしは平安の昔に戻って
懐かしい京都に行ってみたいので
ござ~♪~ますのよ。
でも、考えてみたら、
せっかくハワイ特集の
キャンペーンをやっているのだから、
あたくしも応募してみようと思いますわ。
とにかく、無料で応募できるのですからね。
それで、ハワイへタダで行けるのだったら、
京都はその後でもいいですわ。
うふふふふふ。。。。
あなたもぜひ応募してみてね。
あなたの愛しい人と一緒に
夢のハワイでラブラブに楽しめるかもよ。
でも、日本のよさも忘れないようにね。
あたくしがマスコットギャルをやっている
『新しい日本古代史』サイトもお忘れなく!
とにかく、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょうね。
じゃあね。
ああああ~♪~
あたくしも、ハワイに
愛しい人と行ってみたいなあああ~♪~!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
ハワイ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。