So-net無料ブログ作成
バンクーバー生活案内 ブログトップ

愛とロマンのバンクーバー! [バンクーバー生活案内]

 

愛とロマンのバンクーバー!

 



大自然の懐に抱かれて




2006/08/24

青い空はわたしの誇り
どんなに高い木よりも
果てしなく高く青い空
驚きとあこがれのまなざしが
わたしの翼を輝かせる

わたしは生まれたままの姿で
かもめになり
青空を飛んでゆく

わたしは一糸も身にまとわず
うさぎのように
砂浜を駆けてゆく



赤く熱い太陽を
わたしは誰よりも知っている
地響きとともに地面をふみしめ
決して舞い上がることのない彼らには
太陽は、どんなにか遠いことだろう

そしてわたしは夢をみた
果てしなく高い青空に
一点の白い鳥になり
束縛から解き放たれて
自由に舞い上がり
愛をさえずる

もうすぐわたしは生まれかわる
この手で殻を破り
あなたの女になって...

あなたの愛がこの身体に
太陽のように
さんさんと降り注ぎ
あふれるまで
わたしはもがき続ける

あなただけの女に生まれるために
わたしは苦悩する
そして強くなる
次の殻を破るための
力を手に入れる



何度も何度も
わたしは生まれかわる
あなたのために

不思議な気持ちが
明日の明日のもっと先へと
わたしを連れて行ってくれる
不安と期待に満ちたその日を予感する

わたしは大自然の懐に抱かれて
生まれかわる

by レンゲ




『バンクーバーのレックビーチ(Wreck Beach)にて』より

今日は、あたしがヌードビーチで作った詩を持ち出してきたのですわね?

そうですよ。レンゲさんが作ったこの詩を僕は何度も読み返して見ましたけれどね。。。、

それで。。。あたしの詩が、どうだとおっしゃるのですか?

すばらしい詩だと思いますよ。。。

でも。。。、きっと何か、あたしが気になる事をおっしゃるのですわ。。。きっと。。。

分かりますか?

デンマンさんとも長いお付き合いになりますから。。。それぐらいの事は分かっていますわ。

それなら、話は早いですよね。回りくどい事を言うと、この記事が長くなるだけだから、僕はスッパリと言いますよ。

それで、あたしの詩のどこがいけないのですか?

別に、レンゲさんの詩の欠点を指摘しようとしているわけではありませんよ。僕は、本当にレンゲさんの詩はすばらしいと思っていますよ。

どなたが作ろうが、女性が作った詩ならば、デンマンさんはそう言っておだてるのでしょう?

ホラ。。。そうやって、ひねるのですかぁ。。。?僕が素直に、すばらしいと言うと、レンゲさんはそうやって、わざとひねくれたような事を言うんですよね。

それで。。。デンマンさんは何がおっしゃりたいのですか?

僕はね、不思議なんですよ。

だから、何が不思議なのですか?回りくどい事は言わずに、はっきりと言うはずでしょう?

そう、せかせないでくださいよ。モノには順序というものがありますよ。

もったいぶらずに、はっきりと言って下さいな。

レンゲさんが書いた上の詩のような気持ちを持って、どうして清水君と仲直りが出来ないのか。。。?詩の中のレンゲさんの気持ちと、熱意と、決意と。。。その熱い思いをもってすれば、清水君と仲直りをして、また以前のように幸せに愛し合う事も、いとも簡単に出来ると僕には思えるのですよ。

デンマンさん。。。、あたしは今、せっかく洋ちゃんから遠く離れて、太平洋を越えてバンクーバーに居るのですよ。あたしは洋ちゃんの事を考えたくないんですねん。。。それなのに、んも~~。。。デンマンさんは、何かあたしが気に障ることを言ったり、したりすると決まって洋ちゃんのことを持ち出してきて、仲直りしなさい、と言う。あたしは、デンマンさんにその事を言われるために、こうしてバンクーバーにやって来たのではありしませんわぁ~。

もちろん、僕だってレンゲさんが言われて嫌な事を言いたくありませんよ。でもね、言わなければ、レンゲさんのやる事がドンドン、エスカレートして行き収拾がつかなくなってしまうんですよ。

あたしが、収拾のつかないような大それた事を何か、しでかしたとおっしゃるのですか?

そうですよ。

あたしが非常識な事でも何かしましたの?

しましたよ。普通の女性ならば絶対にしないような事をしましたよ。

どのような事を。。。?

レンゲさんは、もう忘れてしまったのですか?

もちろん覚えていますわ。

とぼけていたわけですね?

いいえ、そうではありません。あたしにとっては非常識な事だとは思えないからですわ。

でもね、レンゲさんは上の詩を書いた時の姿で、夕べ僕の部屋にやって来たんですよ。しかも真夜中ですよ。普通、そのような事をすることは常識では考えられない事ですよ。

でも、あたしとデンマンさんの間では非常識ではないはずですわ。

確かに、ジューンさんとレンゲさんと僕は3人でレックビーチへ行きました。生まれたままの姿になって大自然の懐に抱かれ、澄み切った青空の下で自由と開放感を味わいながら、半日を楽しく過ごしたんですよ。だから、レンゲさんが僕の目の前で裸で居る事は、レックビーチでなら決して非常識でも、不思議でも、なんでもない事ですよ。その晩も楽しい思い出になった。マンションに戻ってレンゲさんが腕によりを凝らして作ってくれた散らし寿司を食べた。

レンゲさんは隠れたところでも、こうして女の才能を小出しにして見せる。これにはジューンさんも感心していましたよ。珍しいものを目の当たりに見て、ジューンさんも“素敵!食べてしまうのがもったいないくらい。。。おいしい!おいしいわぁ!”と言って食べ、満足して自分のマンションへ帰っていった。僕だって楽しい一日を過ごして、いい気分でベッドにもぐりこんだ。それで、うつらうつらとしながら甘い夢を貪(むさぼ)ろうとしていたんですよ。そういう時に、僕はガバッと目覚めなければならなかった。

そうでしたの?

そうでしたのって。。。レンゲさん、とぼけないでくださいよゥ~。レンゲさんが僕の部屋にやって来た事は、取り分け騒ぎ立てる事でも無いけれど、その時のレンゲさんの姿は、今思い出しても僕は衝撃を受けますよ。

それ程あたしはデンマンさんを驚かせてしまったのですか?

僕でなくとも、あの時のレンゲさんの姿を見たら、誰だって心臓がノド元に飛び上がるほどビックリしますよ。

でも、デンマンさんは、あたしの裸をビーチで見ていますわ。

そうですよ。そうですよ。。。確かに僕はレンゲさんの一糸まとわぬすばらしい肢体をレックビーチで賛嘆の思いで眺めました。。。でもね、夕べのレンゲさんの姿は僕をさらに驚かせたんですよ。

どうしてですの?

どうしてですのって。。。それは。。。それは。。。レンゲさんのおなかの下が8才の女の子のようになっていたからですよ。

でも、ジューンさんだってそのようになっていましたわ。

確かにそうですよ。ジューンさんは、このように夏になるとストリングビキニを身に着けて泳ぎに行く。だから、見苦しい事がないようにと、夏になるとアソコの毛を全部剃ってしまうんですよ。

デンマンさんは、どうしてご存知なんですの?

ジューンさんがそう話してくれましたよ。

あたしが剃ってしまうのはいけないのですか?

いや。。。僕は別に、剃ってしまうのがいけないとか、いける、とか言っている訳ではないんですよ。レンゲさんはナイティー(nightie)を身に着けて僕の部屋にやって来る。ところが夕べは、何も身に着けていなかったんですよ。それだけでも、僕は度肝を抜かれたのに、レンゲさんは髪の毛を除いて、すっかりツンツルテンになってしまっていた。僕は心臓が止まるかと思うほどビックリしてしまいましたよ。

デンマンさんは、いつだって大げさですわ。

大げさではありませんよ。僕は感じたままを話しているだけですよ。

デンマンさんは、あたしが剃ってしまうのはイヤなのですか?

。。。いや、別に、僕は剃る事が悪いとか良いとか。。。そのような事を問題にしているんじゃないんですよ。

だったら、どうして。。。?

だから、僕は想像もしていなかったから、ビックリしたわけですよ。まさか、レンゲさんまでが。。。

だって。。。ジューンさんはアソコを剃っていましたから。。。だからあたしも。。。

何もレンゲさんが剃る事はないでしょう。

レンゲさんは、こうしてワンピースの水着なのだから、剃っても剃らなくても関係ないでしょう?

ありますわ。

それは、どういうわけですか?

ジューンさんの独り言

お食事の後で、デンマンさんは私をお部屋までエスコートしてくれました。そしてドアの前でお休みのキッス。

いつもより長めでした。フレンチキッスになりそうだったので私は、デンマンさんの胸板を突き飛ばして、はっきりと言いましたよ。

「デンマンさん、あしたは、お仕事があるんですよね?」

「仕事1日延期しようか?」ですってェ~。まったく、も~!

「わたし、あしたのお仕事の準備がありますから。。。」

「僕が手伝ってあげようか?」助平な(失礼!)笑いを浮かべて、そうおっしゃるんですよ。

デンマンさんとお話していると、どこまでが冗談でどこまでが本心なのか、よく分からなくなることがあるんですよ。でも心の優しい良い方ですからね、私もめったにデンマンさんの心を傷つけるようなことは言いたくないんです。それでとっさに言いました。

「デンマンさん、日本では奥様と久しぶりにお会いになってよかったですね。私はとてもあてられてしまいました。デンマンさんって、奥様をとっても愛していらっしゃるんですのね。。。」

そしたら、デンマンさん、妙な薄笑いを浮かべて、鼻の頭を人差し指でこすったりしておっしゃるんですよ。「ウン、僕は愛妻家だからね。へへへへ。。。」

「だったら、奥様以外の女性にフレンチキッスするのって、ちょっとまずいんじゃないのでしょうか?」

「ジューンさんにそう言われると、もう僕は塩を振りかけられたナメクジになっちゃうんだよなァ~」ですってェ。

そう言うと、ニヤニヤしながらご自分のお部屋へ戻って行きました。

『不倫した私を差別しているのですか?』より

ジューンさんは、このように書いていましたわ。デンマンさんは、ジューンさんとは馴れ馴れしくするのです。でも、あたしには厳しいんですねん。

しかし、その事とレンゲさんがアソコの毛を剃る事と、一体どういう関係があると言うのですか?

デンマンさんは、ジューンさんとは馴れ馴れしくするくせに、あたしとは絶対に馴れ馴れしくしません。なぜかといえば、あたしが野暮ったいからですわ。ジューンさんのように洗練されていないからですわ。デンマンさんは、そう思っているのですわ。。。

つまり、なんですか。。。アソコの毛を剃る事は洗練されている事だとでも言うのですか?

いいえ、そう言う訳ではありません。でも、デンマンさんは金髪でボインで、きれいな白人のジューンさんに対して憧れを持っているようなところがありますわ。

レンゲさんが白人でないので、僕がレンゲさんに馴れ馴れしくしないとでも思っているのですか?

あたしは、人種差別とまでは言いませんけれど、デンマンさんがジューンさんに馴れ馴れしくしているのを見る時、あたしは差別されているような気がするんです。

でも、その事はすでにレンゲさんと話したはずですよ。

レンゲさんと人種差別

デンマンさんはあたしを差別しています。人種差別です。

ちょっと、ちょっと、。。。何を言い出すかと思ったら、人種差別?

そうですよ。デンマンさんは人種差別していますわ。

何を言ってるんですか?レンゲさんも僕も同じ日本人じゃないですか、その僕がどうしてあなたを差別するのですか?

だって、デンマンさんは、これまでに一度としてあたしにキスしたことがありませんよ。手さえ握ったこともありません。

それわあああ。。。。

なぜですか?

あなたが日本人だからですよ。

だから言ったじゃありませんか?デンマンさんは人種差別していると。。。

それわねええ。。。あなたはどうして僕を唖然とさせるようなことを言うんですか?ジューンさんはカナダ人ですよ。

だから、人種差別だと言っているんです。ジューンさんは白人です。金髪で、とってもきれいな方で、しかもデンマンさん好みの豊胸の持ち主です。あたしは、日本人で、胸もそう大きくないし、鼻も低めですし、見た目もどちらかと言えば平凡で、ジューンさんと比べたら見劣りがします。だからあたしを差別しているんです。ジューンさんにはフレンチキスまでするくせに、あたしに対しては手も握ろうとしない。

それわねええ。。。。

どうしてですか?

人種の違いと言うより習慣の違いですよ。あなたは、ずっとこれまで日本で生活してきた。日本の生活習慣にどっぷりとつかっている。そういう人に対して、僕がキスをすれば、あなたは特別な意味に受け取ってしまう。それこそ不倫が始まってしまいますよ。だから、そんなことはできません。

ジューンさんにはフレンチキスをしてもよいと言うのですか?

そうですよ。ジューンさんは不倫しようとは思っていませんからね。上の記事を見たって、そのようには見えないでしょう?だから、僕はジューンさんに対してはキスをすることができるんですよ。

あたしには、お休みのキスもできないと言うわけですか?

もちろんですよ。そんなことができるはずがないじゃないですか?

どうしてですか?

どうしてですかって、僕はジューンさんとは一緒に暮らしていないんですよ。でもレンゲさんとは、同じマンションでこうして生活しているわけですよ。あなたは現在日本に留学している僕の娘の部屋を使っているんですよ。隣の部屋同士なんですよ。そういうあなたにお休みのキスをしたら、不倫が始まってしまいますよ。

でも、ジューンさんとはフレンチキスを。。。

だから言ったでしょう、あの人は不倫するような人ではないんですよ。

あたしは不倫した前科があるので、お休みのキスもできないと言うのですか?

そうですよ。

つまり、不倫差別ですわね。

そういう新しい日本語を作ると、このネットを通してはやりますよ。止めたほうがいいですよ。それでなくとも、今の日本は病んでいるのですからね。

デンマンさん、そうやって問題をすり替えないでくださいな。

すり替えてはいませんよ。知能指数140のあなたほどの知的な人が、僕の言っていることが理解できないということはないでしょう?

あたしは、女として辱めを受けているように感じたのです。デンマンさんはジューンさんとは馴れなれしくする。でもあたしにはお休みのキスさえしない。なぜなら、あたしが不倫の常習犯だと思い込んでいるからです。でも、あたしにだって常識をわきまえているもう一人のあたしが居るのです。

転ばぬ先の杖ですよ。人は、一度大やけどをすると、2度と危ない火のそばには近づかないものです。

デンマンさんは、大やけどをしたことがあるのですか?

そうなんですよ、ちょうどあなたのような女性と大やけどをしたことがあるんですよ。だから、危ない火には近づけないんですよ。不倫はね、いつかは年貢の納め時が来るものですよ。あなたは、今以上に落ち込むことになるだろうし、僕だって、もう複雑な関係は懲り懲りですからね。

分かりました。あたしに早いところ日本に戻って欲しいということですわね。

『不倫した私を差別しているのですか?』より

僕が人種差別をしていないという事は、レンゲさんも納得してくれましたよね。僕はレンゲさんにお休みのキスをするようになりましたよ。

でも、あたしに対しては、相変わらず厳しいですわ。ジューンさんには馴れ馴れしくするのに。。。

僕は別に、ジューンさんに馴れ馴れしくしていませんよ。愛着というか、親しみを感じているだけですよ。しかし、ジューンさんに僕が馴れ馴れしくしていたとして。。。その事が、どうしてレンゲさんがアソコの毛を剃る事に関係しているのですか?

デンマンさんはビーチでも、あたしの相手になっている時よりもジューンさんと話している時の方が圧倒的に多かったのですわ。

それは、おとといも言ったように、レンゲさんとは毎日会って話しているけれどジューンさんとは、たまに会うから、どうしてもジューンさんに話しかけることが多くなりますよ。レンゲさんを無視しようとしていたわけじゃありませんよ。

でも、あたしは見てしまったのですわ。

見てしまったって。。。何をですか?

デンマンさんとジューンさんが何を話していたのか、内容までは分かりませんでしたけれど、とても楽しそうに笑っていましたわ。そうしながらデンマンさんは、ジューンさんのアソコを触っていました。ジューンさんも、そうされる事に戸惑う様子もなく、むしろデンマンさんが触り良いようにと両足を開くようにしていました。あたしは、その時、デンマンさんとジューンさんは、そういう関係なんだな、と思ったのですわ。

それはレンゲさんの誤解ですよ。僕がホクロがあるね、と言ったら、それはホクロじゃなくて、かみそりで傷つけてしまったところだとジューンさんが言ったのですよ。それで僕が指先でその箇所を触ってみた。レンゲさんが目にしたのはその時のことですよ。たぶん。。。

でも、デンマンさんがジューンさんに馴れ馴れしいから、そのような事もできるのですわ。

つまり、なんですか。。。ジューンさんが剃っているので、ジューンさんのようにレンゲさんも真似たという訳ですか?それが美的に洗練されている事だと思って。。。

だって、デンマンさんは、そういうジューンさんに惹かれていましたわ。ジューンさんばっかり見ていました。ビーチでは、あたしのことなど全くかまってくれず、ジューンさんとばかり楽しそうに話していましたわ。

レンゲさんは砂遊びに夢中になっていましたからね。

あたしは、そうするより他になかったからですわ。夢中になっている振りをしていたのです。。。あたしの居たたまれない気持ちなど、デンマンさんは全く気づきもしなかった。

。。。それで。。。真夜中にあのような姿でやって来たんですね。つまり、僕が相手にしなかったと思い込み、その仕返しのつもりだったのですね?

そう言う訳ではありませんわ。

とにかく、僕はね、ビックリしましたよ。

いいえ、デンマンさんは、いつものようにポーカーフェースでしたわ。

僕は、ビックリすると、ああなるんですよ。うへへへへ。。。。 とにかくね、もう困らせないでくださいよ。僕は、このところ本当に寝不足気味なんですよ。頭痛がして、これを書いているのもしんどいほどですよ。

すべて、あたしのせいだとおっしゃるのですか?

だってそうでしょう?夕べは、死ぬかと思うほど僕はビックリしたのだから。。。

オーバーですわ。

僕はレンゲさんがバンクーバーにやって来たおかげで、いろいろと楽しい思いもさせてもらっているけれど、正直言うと、地上50メートルで綱渡りをしている心境ですよ。この楽しさと、ロマンは死と隣り合わせなんですよ。落ちたら即死ですよ。

死と隣り合わせだなんて。。。

僕にとっては、それ程切実なんだという事をレンゲさんに分かって欲しい。。。分かりますか?僕の言おうとしている事が。。。

【ここだけの話しですけれどね、日本では得られない思い出をレンゲさんが作ってくれているけれど、僕は内心ヒヤヒヤですよ。。。この調子で、残りの2週間が続くのかと思うと、本当に針の山を歩かされているような気分です。。。とにかく、レンゲさんは衝動的なところがありますからね。何をやらかすか分からない。。。レンゲさんにとっては退屈紛れになるかもしれないけれど、その退屈紛れが、僕にとっては脅威ですよ。時限爆弾を懐に抱(かか)えるようなものですからね。。。いづれにしても、レンゲさんの話の続きは、ますます面白くなりますよ。僕は、ますます複雑な立場に追い込まれそうです。。。本当に頭痛がしています。。。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』

レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

バンクーバーで愛とロマンを! [バンクーバー生活案内]

 

バンクーバーで愛と
ロマンの花を咲かせたい!




おほほほほ。。。。
卑弥子でござ~♪~ますわよ。


贅沢な素材を使った、
ちょっと高めのランジェリーを
身に着けると、
なんとなく自分がいつもよりも
きれいになったような
感じがしませんか?

もちろん、今あたくしが
身に付けているのは
ランジェリーではありませんわよ。
ええっ?
何かって?
もちろん水着でもありませんことよ。

実は、これはあたくしが
モーターショーでバイトした時に
着ていたコスチュームなんですのよ。
似合いますかしら?
うふふふふふ。。。。

ところで、話は変わりますけれど
デンマンさんが、あたくしをパリに連れて行ってくれると言ったのでござ~♪~ますのよ。
パリには、セーヌ川の土手にそって人口ビーチがあるのを知っていますか?

“パリ・プラージュ”と言うのですってぇ~。
どういう意味なんですか?って、デンマンさんに尋ねたら、
“パリのビーチ”だと言ったのですけれど、本当かしら?

あたくしも泳ぎたいわぁ~
勇気を出してビキニを身に着けたいのですけれど、どうかしら?
そうデンマンさんに尋ねたのですわよ。

そうしたら、“ストリング・ビキニ”はダメだよ!と言われてしまいました。
ストリング・ビキニってどういうものですか?と聞いたのですわよ。
そうしたら、次のようなすっご~♪~い写真を見せてくれたのですわよ。



うわあああああ。。。
すっごいなあああああ~~~


あたくしには、こういうのを身に着けて、殿方の目の前に出ることなんて
出来そうにもありませんでござ~♪~ますわ。
ビックリですわああああ~~

ええっ?今、あたくしが身に付けているのと大して変わりがないってぇ~。。。
あなたは、そうおっしゃるのでござ~♪~ますかぁ?

そんな事ありませんわよゥ~。ずいぶん違いますわよォ~。

それで、どうしてそのストリングビキニはダメなんですの?。。。と聞いたら、

パリ市は7月29日、「パリ・プラージュ」(パリのビーチ)での
「トップレスやストリング・ビキニ姿」を禁じる布告を出したのですってぇ~。

どうしてですの?

パリジャン紙によると「過度な露出はセーヌ川岸沿いでの
危険な行為を誘発しかねない」ためだそうですわ。
違反者には38ユーロ(約5500円)を支払う事になるのですってぇ~。

セーヌでの人工ビーチは今年が5年目だそうです。
昨年までは、そのような禁止措置はなかったんですってぇ~。

デンマンさんによると、仏南部コートダジュールなどでは
トップレスやストリング・ビキニは一般化しているそうです。

でも、それぐらいでビックリしてはダメだよとデンマンさんはおっしゃるのですわよ。
どうして?

バンクーバーにはヌーディストビーチがあるよ。。。。ですってぇ~~

あらいやだわあああ~~

だから、あたしをバンクーバーではなく、パリへ連れてゆくのですってぇ~

ところで、もう亡くなってしまいましたけれど、
マリリンモンローと言う女優さんは、殿方とォねんねする時には
シャネルの5番の香水だけしか身にまとわなかったんですってぇ~

つまり、すっぽんぽんなんですわよねぇ~。

でも、あたくしは平安時代に生まれ育った女性として、
ぜひ次のことを言いたいと思いますわ。

下着とランジェリーは
女の繊細さと美しさを
際立たせる
最後の砦ですわぁ~


そういうわけですので、やはり香水だけじゃなくて、
ランジェリーを身に着けたいものですわよね。



なんか、すっご~♪~いですよねぇ。
でも、ジューンさんの人柄とこのランジェリーが
マッチしていると思いませんか?


ちょっと水着のように見えますけれど、
実はこれはランジェリーなんですって。

成熟した女性のかわいらしさ、愛くるしさと、繊細さが、
このランジェリーで演出されているように見えませんか?

あなたも、たまにはこのような可愛いランジェリーで
勝負してみてはいかがでしょうか?

『あなたは美しく感じさせるランジェリーを身につけていますか?』より

デンマンさん、何ですのォ~これってぇ~。。。? いつもと感じが全く違うじゃありませんかぁ~?

レンゲさんが真夜中に僕の部屋にやって来る事を書き続けていたら、僕のブログを読みに来る人が本当に馬鹿馬鹿しくなって、もう読みに来なくなってしまいますからね、今日は話題を変えますよ。

それにしても、卑弥子さんまで登場させるなんて、ちょっとやりすぎではないのですか?

レンゲさんは卑弥子さんが登場するのは不満なんですか?

別に不満ではありませんけれど、卑弥子さんは裏記事が専門でしたわ。これからは表記事にも顔を出すのですか?

レンゲさんは、卑弥子さんが表記事に顔を出すのが不満なんですか?

いいえ、別にそういう訳ではありませんけれど。。。

でも、なんとなく不満そうですよ。ひがんでいるのですか?

別にひがんでいるわけではありませんわ。

レンゲさんの場所を卑弥子さんが奪うとでも思っているのですか?

違いますわ。

でも、なんだか不満そうですよ。

そういう訳ではありませんてばああああ。。。

分かりましたよ。ちょっと落ち着いてくださいよ。

あたしは、落ち着いていますわ。デンマンさんが、くどいんですわよ。あまり突っ込みを入れないでくださいな。

とにかく、たまには気分を変えてね、こう。。。何と言うかぁ。。。パァ~~っと、陽気に明るくやろうと思ってね。せっかくレンゲさんがバンクーバーに来ていることでもあるし、バンクーバーの良さと、不思議なところを、これを読んでいる人にアピールしようと思ってね。

それにしても、ちょっと派手過ぎませんか?

別に派手ではないと思うけどなァ~。。。

。。。で、一体デンマンさんは、何をやらかそうとしているのですか?

別にだいそれた事をやろうとしているわけじゃないんですよ。上の卑弥子さんが書いたモノを読んでね、パリは文化的というか、文化思想的に意外に遅れているのではないか? そう思ったわけですよ。

どうしてそのように思ったのですか?

パリ市は今年の7月29日に「パリ・プラージュ」(パリのビーチ)でのトップレスやストリング・ビキニ姿を禁じる布告を出したんですよね。

確かに卑弥子さんは、そう書いていますわね。

レンゲさんは何も感じませんか?

感じませんかって。。。何をですの?

だから、トップレスやストリング・ビキニ姿を禁じる、ということですよ。

でも、禁止するという理由が分からないこともないですわ。卑弥子さんが書いていますわ。危険な行為を誘発しかねないから禁止するのだと。。。

しかしね、トップレスやストリングビキニ姿が“危険な行為を誘発”する、というのはあまりにも短絡的な考え方だとは思いませんか?

でも、そういう事だってあるのではありませんか?

じゃあ、コートダジュールはどうなんですか?アソコではトップレスもストリングビキニも一般化していますよ。

つまり、デンマンさんは、そのような決まりを作るべきではないとおっしゃるのですか?

“きまり”を作ってもかまいませんよ。でもね、トップレスやストリングビキニ姿が“危険な行為を誘発”する、という理由で“決まり”を作るのは可笑しいと思いますよ。

どうしてですの?

これはロダンの有名な“接吻”ですよ。ロダンはフランスを代表する優れた彫刻家ですよね。レンゲさんだって知っているでしょう?

もちろん知っていますわ。

この“接吻”はロダン美術館で展示されているんですよ。

どこにあるのですか?

卑弥子さんが上で説明した人口ビーチのあるセーヌ川の左岸にあるんですよ。

左岸というと。。。?

地図で見ると下ですよ。南側ですよ。普通、左岸といいますよ。アンバリッドに隣接する瀟洒な邸宅がそのまま美術館になっているんですよ。

アンバリッドって。。。?

日本語に訳すと廃兵院ですよ。傷痍軍人のための病院だった。今では、病院以外に、中世の鎧、甲冑をならべた博物館。この隣に美術館があるんですよ。ロダンは、1917年に亡くなるまでの9年間を実際にそこで暮らしたそうですよ。あの有名な“考える人”もこの美術館に展示されていますよ。

デンマンさんも、そこで上の“接吻”を見たのですか?

もちろんですよ。僕はこの手で“接吻”を触ってきましたよ、ウへへへへ。。。。

そのような不謹慎なことをしても良いのですか?

もちろんダメでしょうね。うししししし。。。でも、つい好奇心にとらわれて触ってしまいましたよ。あの大理石の冷たい感触を感じて、ゾクゾクしましたよ。

その“接吻”がどうしたとおっしゃるのですか?

この彫刻は1919年からロダン美術館で公開されているんですよ。しかも同じセーヌ川のほとりですよ。もしですよ、セーヌ川の人工ビーチでトップレスやストリングビキニ姿が“危険な行為を誘発”するのだったら、全裸のこの“接吻”が、同じセーヌ川のほとりにあるロダン美術館で“危険な行為を誘発”するでしょう。レンゲさんも、そう思いませんか?

確かに理屈はそうですけれど、彫刻が全裸であることと、本物の女性がトップレスになるのとは違うと思いますわ。

僕には、それ程の違いがあるとは思いませんけれどね。とにかく、コートダジュールでよい事がどうしてパリではダメなのか?僕は、その辺のところに矛盾を感じますよ。日本だって町によって好き勝手な条例を作る事が出来ますからね、人それぞれだと言うように、町それぞれだ、と言ってしまえばそれまでですけれどね。。。、それにしても、パリの役人の美的感覚というか、表現の自由に関する考え方が、1919年に上の“接吻”がロダン美術館で展示された以前の“裸はいけない”という古風な考え方にとらわれているのではないか。。。?僕は、そう思ったわけですよ。

そういう風に考える人だって居るでしょうね?

レンゲさんは、パリの下らない条例をかばおうとするのですか?もしかして、パリ市の役人の中に、レンゲさんの知り合いでも居るのですか?

まさかァ。。。あたしはまだパリに行った事もないし、パリに知り合いなど居ませんわ。

だったら、天真爛漫にすっかり裸になってしまうレンゲさんが、どうして下らない条例をかばおうとするのですか?

かばっているわけではありませんわ。

でも、なんとなく、レンゲさんの口調からそのように聞こえますよ。

あたしは、ただ、そのような決まりがパリで作られた事も分かります、と言っているだけですわ。

僕はね、パリには、いわゆる上流を気取っている人の中に、裸になる事は野蛮だという考え方を持っている人が意外にたくさん居るのではないか?そういう風に思い始めているんですよ。特にパリ市の役人の中には、そういう古い伝統的な考え方を持っている人が居るのではないか?

どうして、デンマンさんは、そのように思われるのですか?

ジューンさんがね、パリジェンヌのカトリーヌさんことを次のように書いていたんですよ。

フランス女性の美学

こんにちは。
ジューンです。

卑弥子さんが言ってましたよね。

“贅沢な素材を使った、
ちょっと高めのランジェリーを
身に着けると、
なんとなく自分がいつもよりも
きれいになったような
感じがしませんか?”

確かに、そう言われてみると
そんな気がしますよね。

わたしはランジェリーには余りお金をかけないのですけれど、例えば、2倍も高いランジェリーを買って身に着けると、その分だけ自分が引き立つような気分になりますよね。

でも、実際には外からでは見えないのだから、
ランジェリーを身に着ける人の気分の問題ですよね。

ところで、私が仲良くしているお友達にパリからやってきたフランス人が居るのです。
カトリーヌさんというのです。
彼女はびっくりするほどランジェリーにお金をかけるのですよね。

カトリーヌさんはミス・フランスのラナーアップになったくらいの人だから、
確かにきれいな人なのですけれど、
それ程の人が、なぜ高価なランジェリーにこだわるのか?

きれいな人だから、普段外では目に見えないランジェリ-などにお金をかけなくても、美人として充分に目立つ人です。
そういう人が高価なランジェリーにこだわるのですよね。
私はカナダ生まれでカナダ育ちですから、生粋のカナダ人です。
だから、外からでは見えないランジェリーにお金を使うのが馬鹿馬鹿しいと思えるのですよね。

パリからやってきたカトリーヌさんから見ると私は田舎者に見えるかもしれません。
でも、聞くは一時の恥だと思って、尋ねてみたのです。
そうしたら、何と答えたと思いますか?

“ファンデーションに高いお金をかけたら、その上にダサいものは着れないじゃない。”

つまり、カトリーヌさんは美人なのですが、
ファンデーションにお金をかけると、その上に着るものは、みっともないものは着れないと言うのですよね。
つまり、さらに服装で自分を際立(きわだ)たせようとする。
パリジェンヌというのは、そうやって“美しさ”にこだわるようです。

カトリーヌさんに刺激されて、私もいつもよりも高めのランジェリーを買ってみました。





どうでしょうか?

少しは際立って見えるでしょうか?

『ランジェリーの美学』より

上のエピソードと、裸は野蛮だと言う古風な伝統的な考え方と、どのようなかかわりがあるとデンマンさんはおっしゃるのですか?

つまりね、パリジェンヌは洗練されている美的感覚をランジェリーで表現する、またその上に着るドレスやアクセサリーで自分を表現しようとする。そういう人にとって、すっかり裸になるという事は、磨きこまれていないダイアモンドの原石を見せるようなモノなんですよ。だから、自分の裸を他人に見せるべきではない、と思っているのではないか?裸を見られることが恥ずかしいのではなくて、裸を見られることがはしたないと思っている。つまり、化粧しないで外出する事が女のたしなみでないと信じているように、自分の裸を他人に見せる事は野蛮な事なんだと信じ込んでいるのではないだろうか?僕は、そのように思えてきたんですよ。

デンマンさんはカトリーヌさんに会ったことがあるのですか?

ありますよ。ジューンさんが言っているようにきれいな人ですよ。

でも、あたしたちと一緒にヌードビーチに来ませんでしたよね。

でしょう? だから、すっかり裸になる事に抵抗があると僕は思ったわけですよ。カトリーヌさんにとって、裸になって公衆の面前に出る事は野蛮な事なんですよ。

その点ジューンさんにもレンゲさんにも、裸になる事に、ほとんどこだわりがありませんよね?

あたしはありますわ。

しかし、レンゲさんは自分一人で居る時には風呂上りに、しばらくの間、すっぽんぽんで居ると言っていたではないですか?そのままパソコンに向かってメールを書くことがよくあると。。。

そうですわ、他の人に見られることがないし、そうしている時って気持ちの良いものですわ。

でも、レンゲさんは僕が居るにもかかわらず風呂上りにすっぽんぽんで出てきますよ。

だって、着替えるから。。。

普通、着替えを持ってバスルームに行くものですよ。違いますか?バスルームの中で着替えるんですよ。

だって、一緒に居るのはデンマンさんだけだから。。。

しかし、親しき仲にも礼儀あり、と言うでしょう?

デンマンさんは、あたしが、はしたない女だと思うのですか?野蛮な女だと思うのですか?

そうは思わないけれど、レンゲさんがパンティーも身につけずにすっぽんぽんでバスルームから出て来るんだから、やっぱりギクッとしますよ。

でも、あたしとジューンさんとデンマンさんでヌードビーチに行きましたから。。。

その前からレンゲさんは、バスルームからスッポンポンで出てくることがありましたよ。だから、裸になる事に、あまりこだわりがないのだろうと思ったので、レックビーチ(Wreck beach)に誘ったのですよ。

デンマンさんは、ジューンさんと二人っきりでもヌードビーチに出かけることがあるのですか?

最近、レックビーチに出かけることは少なくなったけれど、7、8年前には良く出かけましたよ。

それにしても、バンクーバーのような大きな町にヌードビーチがあるなんて信じられませんでしたわ。

そうでしょう?初めて見る人には信じられないでしょうね。日本では、公共のビーチで素っ裸になれば“猥褻物陳列罪”にあたるので、ヌードビーチはないはずですよね。犯罪になりますからね。僕自身は、日本では見たことも聞いた事もありませんよ。

バンクーバーにはそのような法律はないのですか?

もちろん、街中でヌードになったら、パトカーが来るでしょうね。でも、ビーチには適用されないようですよ。日本にだって混浴の露天風呂がありますからね。上の法律は公衆浴場だとか温泉には適用されませんよね。カナダでは、ヌードになっても良い場所がたくさんあるという事でしょうね。僕は日本に戻ると必ず露天風呂に行きますよ。思い出深いのは北海道の長万部(おしゃまんべ)のラジウム温泉に行った時のことですよ。

女性が入ってきましたぁ~?

来ましたよ。それも新婚さんがやって来ましたよ。女性は、さすがに“湯浴(ゆあ)み着”というムームーのようなモノを着ていました。たまたま長万部の駅から、旅館の送迎バスで一緒になった人たちだったので、僕と新婚さんの3人でいろいろと話しながら温泉に浸(つ)かって。。。楽しい思い出になりましたよ。翌日は30代の二人ずれの女性と一緒になって。。。、彼女たちは湯浴み着も身に着けず、手ぬぐいだけで前を隠して入ってきたけれど、混浴って、やっぱりいいものだなあァ~、と思うような懐かしい思い出になっていますよ。

つまり、デンマンさんは、露天風呂のつもりでヌードビーチへ行くのですか?

まあ、なんですよ。。。日本の露天風呂のような情緒は全くないけれど、晴れ渡って澄み切った青空の下で、生まれたままの姿で自然に親しむと言うのは、なんとも開放的で伸び伸びとした気分になれますよね。露天風呂に入って癒されるのとは、また違った開放的で健康的なムードがありますよ。やっぱりいいものだと思いますね。でもね、僕が20年前に、たまたまレックビーチに下りていって、素っ裸の人たちを目にした時には、本当にビックリしましたよ。僕は、全く何も知らずに道路から崖を降りていって偶然に出くわしたわけですからね。。。

本当に何も知らずに見つけたのですか?

そうなんですよ。当時僕は北極圏に近いイエローナイフから出てきたばっかりで、ある日本料理店でウェイトレスをしていた知り合いの美佐子さんのアパートに厄介になっていたんですよ。彼女が仕事から帰ってきたのでその事を話すと、“バンクーバーに住んでいる人ならば、たいていの人が知っていますわ”、と言ったので2度ビックリしましたよ。つまり、ヌードビーチというのは、バンクーバーに住んでいる人にとっては、とりわけ話題にする事もないほどに、ありふれた事、当たり前の事、日常的な事になってしまっているんですよ。本当に驚きましたよ。

あたしも、ビーチでたくさんの人がスッポンポンで居るのを初めて目にした時には驚きましたわ。

でもレンゲさんは、素っ裸になると、すぐに天真爛漫になって童女のようにはしゃいでいましたよね。

そうでしたか?

そうですよ。砂遊びまで始めて、砂のお城をつくろう。。。なんて子供じみた事を言うのですからね。。。星の王子様といい、砂のお城といい、。。。レンゲさんには、本当に8才の女の子が住んでいるんだな、と思いましたよ。

だって、デンマンさんは、あたしの相手になってくれなかったからですわ。

砂遊びは勘弁してくださいよ。砂遊びまでする気にはなれませんよ。

違いますわ。デンマンさんはジューンさんとばかり話していたので、あたしは砂遊びでもする以外になかったのですわ。

話に加わればいいではないですか?

だって、英語でベラベラと話しているんですもの、何を話しているのか良く分かりませんでしたわ。

そういう時には、日本語でもいいから話しかければいいんですよ。

デンマンさんは、ジューンさんと二人きりで楽しみたかったのですわ。

それは、ひがみですか?。。。それとも、嫌味ですか?

だって、デンマンさんは、ジューンさんにばかり話しかけて、あたしには話しかけてくれませんでしたわ。

レンゲさんとは毎日話しをしているではないですか。どうしたって、しばらくぶりに会うジューンさんに話しかける事になりますよ。別に、レンゲさんを無視していたわけではないんですよ。。。やだなぁ。。。そういう事で変にひがんだりして。。。

ひがんでいるのではありませんわ。ああいう時の女の気持ちって、本当に居たたまれないような気持ちになるんですねん。本当はデンマンさんはジューンさんと二人だけで来たかったのだわ。。。、デンマンさんはあたしを誘ってくれたけれど、あたしがイヤだという事を考えて誘ったのではないのか?。。。あたしは、そんな風に考えて、たまらなくなってしまったんですねん。

それは、レンゲさんの考えすぎですよ。

いいえ、デンマンさんの態度を見ていたら、それ以外には考えられませんでしたわ。

そうやって、今度は僕に絡(から)むのですか?

違いますわ。。。んも~~。。。あたしがアタマに来たのは、あたしだけ一人を置いてきぼりにして、デンマンさんはジューンさと二人きりで散歩に出かけてしまったのですわ。

レンゲさんは砂遊びに夢中になっていたからですよ。

夢中になっている振りをしているより他に仕方がなかったからですわ。デンマンさんは、全くあたしの相手をしてくれなかったからです。。。ああいう時の女の気持ちを考えてくれるどころか、それをいいことに、デンマンさんはジューンさんと二人っきりで散歩に出かけてしまうんですもの。。。んも~~

。。。分かりましたよ。。。そういう事だったんですね。。。それで、あの晩レンゲさんは僕にいろいろと難題をふっかけたり、いろいろと意地悪をしたり、僕をてこずらせたりしたんですね。。。そうだったんですねぇ~?

(レンゲさん、膨れたまま無言)

【ここだけの話しですけれどね、大変だったんですよ。僕には、どうしてレンゲさんが不機嫌になって、いろいろと訳の分からない事を言ったり、やったりするのか。。。、当り散らすのか?理解に苦しんだんですよ。やっと分かりましたよ。そういう事だったんですよね。。。その事については、またあさって書きますよ。とにかく、だいぶ手こずらされました。。。この調子で、残りの2週間が続くのかと思うと、針の山を歩かされるような気がしてきます。。。、とにかく、レンゲさんは衝動的なところがありますからね。何をやらかすか分からない。。。レンゲさんにとっては退屈紛れになるかもしれないけれど、その退屈紛れが、僕にとっては脅威ですよ。時限爆弾を懐に抱(かか)えるようなものですからね。。。いづれにしても、レンゲさんの話の続きは、ますます面白くなりますよ。僕は、ますます複雑な立場に追い込まれそうです。。。本当に頭痛がしてきますよ。。。もっとレンゲさんのことが知りたいのなら、下にリンクを貼っておきましたからぜひ読んでくださいね。】

       
レンゲさんの愉快で面白い、そして悩み多いバンクーバーの日々は
次のリンクをクリックして読んでください。

■ 『レンゲさんのこれまでの話を読みたい人のために。。。』

■ 『レンゲさんの愛と心のエデン』

レンゲさんをもっと知りたい人は。。。。

■ 『女探偵ふじこが試みたレンゲさんの素行調査』

■ 『“愛の正体” と “レンゲのテーマ”』

■ 『不倫の悦びと苦悩』

■ 『レンゲさんのように苦境から立ち上がった女 ー グロリア・スタイナム』

レンゲさんの写真を見たい人は。。。

■ 『レンゲさん、あなたは実はメチャ美人なんですよ!』


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
バンクーバー生活案内 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。