So-net無料ブログ作成
車の事は何でも ブログトップ

自動車保険見直しましたか? [車の事は何でも]

自動車保険見直しましたか?

保険選びには、まずは見積もりですよ。

自由化で格差が生まれた自動車保険!

知っていますよね?

あなたは便利なインターネットの見積もりサイトを試した事がありますか?

自動車保険が自由化される前は、どこの保険会社で契約しても、条件が同じなら保険料はまったく同じでした。

ところが自由化以降、保険会社は新しい料率や加入条件で独自の商品を次々と売り出し始め、保険料に大きな格差が生まれてきています。

まずは面倒でも、数社から同じ条件で見積もりを取って、保険料だけでなく、補償やサービス内容などあらゆる角度から比較してみることが大切です。

最低限の手間で主要な保険会社の保険料を見積もることができます。

せっかくネットをやっているのですから、あなたも便利なインターネットの見積もりサイトを使わない手はありませんよね?

もちろん、見積もりを取ったからといって、そのサイトを通して即決契約しなければならないということはありません。

保険の満期日(新規加入の場合は、車の購入日)が近づいてきたら、下のリンクをクリックしてアクセスしてみてくださいね。

『自動車保険一括見積もりサービス (無料)』

当然の事ですが、無料ですよ。
見積もりを取ったからって、後で、そこと契約する必要はありません。
安心して無料で見積もりを依頼する事ができます。

あなたの保険料がグッと安くなるように祈っていますね。
じゃあね。

あなたが絶対、
見たいと思っていた
面白くて実にためになるリンク






■ 『あなたのための クレジット カード ガイド』



■ 『あなたのための ローン ガイド』



■ 『住宅ローン・ビジネスローン ガイド』

■ 『なつかしの映画・TV番組(うら話)掲示板』

■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』

おほほほほ。。。
卑弥子でござ~♪~ます。
例によって、
また出てまいりましたわ。
ええっ?
自動車保険見積もりの記事に
なぜ、顔を出すのかって?
だって、あたくしも
保険料を安くしたいので
ござ~♪~ますのよ。
平安時代には車がなかったでしょう。
牛が引っ張る、あの牛車だけだったのですわよ。
だから牛車保険なんてなかったんですのよ。
テンポがのろかったんでござ~♪~ますわぁ~
おほほほほほ。。。
だからね、今、保険を買わなくっちゃならないんで
戸惑っているざ~♪~ますのよ。
でも、良い事を聞きましたわ。
そうよねぇ~~。
ネットで見積もりを取ることができるのよねぇ~。
あなたもやってみてね。
平成時代って本当に便利になりましたわねぇ~。
おほほほほ。。。。
それから、あたくしがマスコットギャルをやっている
『新しい古代日本史』サイトもよろしくね。
興味深い記事がたくさん読めますことよ。
では、今日も一日楽しく愉快に
ネットサーフィンしましょうね。
じゃあね。ば~♪~いィ~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

あなたの愛車、一体いくらで売れるか知ってますか? [車の事は何でも]

あなたの愛車、
一体いくらで売れるか
知ってますか?

あなたは自分の車を売ることを考えていますか?
もし、売る気があるなら、自分の愛車が一体いくらで売れるのかを知る事は何よりも重要な事ですよね。
あとで売ってから、10万円以上も高く売ることができた、なんて分かったら、がっくりしてしまいます。でしょう?
そういうことがないためにも、あらかじめ自分の車の値打ちを知っておく事は絶対に必要です。
じゃないと、馬鹿を見ますからね。

これ、もしかしてあなたの車ですか?
Countachじゃないですかァ~! すっご~い!
あなたはメチャ、リッチな車に乗っているんですねぇ?

ええっ?“俺にこんな車が買えるわけないじゃないかア!”
もちろん、私もあなたがこういうクールな車に乗っているとは思っていませんよ。うふふふ。。。
ちょっと言ってみただけ。。。

あああ、これですねぇ。
でも、これGalantではないですかあああ~!
これ、そんなに悪くないですよォ~。結構イカシますよォ~!
あなたも結構車に対するセンスがありますねええぇ~

ええっ? これもあなたの車じゃないの?
あなたも車を持っているのでしょう?

ええっ?たいした車じゃないから、このページで見せたくないの?
それに、あなたの車を売ることは考えてないの?

でもねぇ~、自分の車が現在、幾らぐらいで売れるのか?それを知っておいても無駄ではないでしょう?
万が一お金が入用になる場合だってあるかもしれませんよ。
そのような時、愛車の値段が分かっていれば、すぐに売りに出して現金化することだって可能ですからね。

そういうわけですから、愛車を売りに出す気がないあなたにとっても、この記事は読むだけの値打ちがあると思いますよ。
ぜひ最後まで読んでくださいね。

まず、あなたの新車がいくらで売れるかを一番簡単な方法で知るには、どうしたらよいでしょうか?
ええっ?自動車販売会社に行くに決まっているじゃないか?

ブ~~、それはハズレです。
あなたは現在ネットをやっているのですから、ネットを使わない手はないですよね。
何のためにネットをやっているのですか?
そのぐらいのことはあなただって分かるでしょう?。。。。なんちゃって。

でも、あなただってネットで査定するくらいのことは知っていますよね?
ちょっと上のように言ってみたかっただけですよ。えへへへ。。。

でも、具体的にどこで査定したらよいのか?
たった今、あなたは答えることができますか?

すぐには無料で査定するサイトを知らないあなたのために私がリンクを用意しましたよ。

『あなたのための愛車査定サイト』

上のリンクをクリックすると別窓に“あなたの車の査定ガイド”が開きます。
査定サイトがいくつかありますから、あなたが気に入ったものを選んで試してみてください。

クルマの無料査定の依頼登録は簡単です。
登録後、クルマのことと査定日に関する内容の確認の電話がかかります。
サイトでの登録の際は携帯電話の番号にすることをおすすめします。
でれる時に電話にでれるケイタイ電話での登録がベターでしょう。

査定場所に出向かなくても、査定員があなたの家に訪ねてくれるところもあります。
まめに探してみてください。
わざわざ休日を返上しなくても済むのであなたにとっても好都合だと思います。

5社程度に連絡をとって、3社に絞るのが良いと思います。
その基準としては、全国規模、自宅から近い、無料で自宅に来る、電話で概算を教えてくれる等が考えられます。
クルマの査定には時間がかかるので、あまり多くの会社に査定してもらうのは時間のロスです。

ところで、クルマの種類に応じてほぼ査定額は決まっています。
もちろん査定時期、年式、走行距離数、グレード・オプション、ボディカラーなどで上下に変更します。
相場をあらかじめ知っておく事も必要です。

一回の査定でどのくらい時間がかかるの?
少なくとも一時間はかかると見ていたほうがよいでしょう。
査定のためのクルマチェック、色々な確認事項などがあるからです。
また、その場で買い取り額を提示するという場合はさらにまた時間がかかります。

もし、希望の値段がもらえて、売りたい場合には諸手続き(税金関連など)全て査定員に確認してもらうと良いと思います。
税金や保険などが残っていれば還付される場合があります。
自動車税なども月割りで還付されます。
これは買い取り価格に含むなどの対応になりますので、確認する必要があります。
現在加入している自動車保険を解約した際、月割りで保険料の還付があるか確認する必要もあります。

ちなみに、車を買い換える場合の注意点について一言書き添えますね。

たいてい、現在乗っている車を下取りに出して、新しい車と買い替える場合が多いと思います。
新車を購入するディーラーに下取りに出すのは、余分な手間がかからない点で都合がよいし、
新車ディーラーなら名義変更の手続きもしっかりこなしてくれるはずだから、その点、安心です。
年式の古いセダンなど、中古車としての市場性がないクルマなどは、新車ディーラーの下取りに出すのが最も有利です。

しかし、中古車市場で高い人気を集めている車種では、新車ディーラーの下取り価格より、買い取り専門店の買い取り価格のほうが10万円単位で高くなるケースもあります。
この場合、当然のことながら、新車ディーラーの下取りに出しては損をします。

あなたの愛車を買い換えるときにはこの点に注意する必要があります。
じゃあね。
Good luck!


【エリア限定・期間限定】 絶対お得なレンタカー [車の事は何でも]

【エリア限定・期間限定】 
絶対お得なレンタカー


あなたのために、この絶対お得な情報をお知らせします!

ちょっと信じられませんよね。

もし、あなたがレンタカーを使う予定があったら

ぜひ確認とってみてくださいね。

★1時間あたり なんと約161円!

☆4日間で利用する!PK・PS・PAクラスが 

 総額10,290円から!

金曜日17時 − 月曜日朝9時まで(最大64時間)

<空車情報>

ウィークエンドプラン 1月17日 10時現在

 最大64時間で総額10,290円から!

 週末借りるならウィークエンドプラン!

 早い者勝ちとなりますのでご了承ください

 ★1月17日(水)から予約受付開始!

 乗車期間 ⇒ 1/20(金)−1/23(月) 

 ◆営業所 / ●乗用車 / ○RV車  

 <北海道>
 ◆札幌営業所 ● 1台  / ○ 1台

 ◆千歳空港営業所 ● 2台  / ○ 1台

 ◆女満別空港営業所 ● 1台  / ○ 2台

 <東北>
 ◆仙台市役所前営業所 ● 1台  / ○ 1台

 <関東>
 ◆有楽町営業所 ● 5台  / ○ 1台

 ◆三田営業所 ● 17台  / ○ 8台

 ◆練馬営業所 ● 10台  / ○ 9台

 ◆横浜三ツ沢営業所 ● 2台  / ○ 1台

 ◆千葉営業所 ● 4台  / ○ 1台

 <中部>
 ◆名古屋駅前営業所 ● 5台  / ○ 3台

 <関西>
 ◆京都八条口営業所 ● 0台  / ○ 1台

 ◆新大阪駅前営業所 ● 1台  / ○ 1台

 <中国>
 ◆岡山駅前営業所 ● 0台  / ○ 0台

 <九州>
 ◆福岡営業所 ● 1台  / ○ 3台

どうしたら利用できるの?

まず次のリンクをクリックして確認してくださいね。

『レンタカー ★ 1時間あたり なんと約161円!』

では楽しいドライブを!


事故が起こったら、まず何をしますか? [車の事は何でも]

事故が起こったら、まず何をしますか?

まずはケガ人の救護と二次事故の防止ですよ。
けが人をほおって置くと、もしかすると助かる人も助かりませんからね。
さらに、事故を起こした車がさらに別の事故を誘発するような場合には、なるべく事故を起こサないような配慮が必要です。

どんな事故でも、自分が当事者になったら気が動転し、誰でもパニック状態に陥ってしまいます。
また、当事者がケガをしている場合は、本人が警察や消防署に通報するゆとりはまずありません。
そのような重大事故が起こった場合は、現場付近に居合わせた第三者に協力をもとめてください。
ケガ人の救護を最優先してください。
「救急車の必要あり」とおもったら、すぐに119番に通報します。
人身事故の場合、その時点で消防署から警察にも連絡が入るようなので、まずは119番だけでもよいでしょう。

次にしなければならないのは、二次的な事故の防止です。
たとえば見通しの悪いカーブの出口で事故が起こった場合、
すぐにでもカーブの入り口で危険を知らせなければ、大事故が誘発される可能性があります。
現場に居合わせた人同士で連携して非常停止板を設置し、発煙筒を置くなど、
安全を確認しながら素早い行動をとる必要があります。
実際に、ひとつの事故をきっかけに、二次的三次的な事故が起こっているケースは数多くあります。
 
また、交通事故のトラブルで裁判にまでもつれこむようなケースでは、例外なく事故の事実関係が問題になってきます。
事故直後の状況や事故車の損傷具合を写真に撮っておくとよいでしょう。
車には使い捨てカメラでもよいので、常備しておくと便利です。

幸いにして、かすり傷や打撲、車のヘコミだけですんだような軽い事故の場合は、
「このくらいの事故で警察を呼んでもいいのかな?」といったことで考えてしまうケースがよくありますよね。
たとえ軽くても、ケガや車の損傷がある場合は必ず警察に届けてください。
自賠責保険も任意保険も、基本的には「交通事故証明書」がないと保険金が支払われないからです。

報告後は、警察官が現場に来てくれる場合もありますし、直接警察署へ来るよう指示されることもあります。
どうしても時間が取れない場合は、とりあえず電話で報告を入れ、後日警察署に出向くことも可能です。
ただし、警察に届け出る前に相手と別れる場合は、お互いの住所・氏名・車の登録ナンバー・自賠責証明書の番号と会社名などをしっかり確認して控えておく必要があります。

住所や氏名は、名刺ではなく免許証を提示してもらって、顔と照合しながら確認したほうが確実です。
このような事態に備えて、車のダッシュボードには、必ずメモ用紙と筆記用具などを入れておきましょう。
任意保険に加入している場合は、できるだけ早く保険会社へ事故報告を入れておきましょう。
第一報は、簡単でも構いません。連絡先は、保険証券に記載されているので、証券番号などと一緒にメモ帳などに控えておくと、
いざというとき安心です。

ところで、あなたは最近自動車保険の見直しをしましたか?
必要以上に高い掛け金を払っていませんか?
無駄なことはしたくありませんよね。
まだだったら、ネットですぐに出来ます。

この自動車保険見積りは無料です。

『あなたも自動車保険の見直しをしてくださいね』

必要以上の高い掛け金を払わないようにしましょうね。
無駄なことはしないようにしましょうね。

では、Good luck!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

あなたの愛車、一体いくらで売れるか知ってますか? [車の事は何でも]

あなたの愛車、一体いくらで売れるか
知ってますか?


 
あなたは自分の車を売ることを考えていますか?
もし、売る気があるなら、自分の愛車が一体いくらで売れるのかを知る事は何よりも重要な事ですよね。
あとで売ってから、10万円以上も高く売ることができた、なんて分かったら、がっくりしてしまいます。でしょう?
そういうことがないためにも、あらかじめ自分の車の値打ちを知っておく事は絶対に必要です。
じゃないと、馬鹿を見ますからね。

これ、もしかしてあなたの車ですか?
Countachじゃないですかァ~! すっご~い!
あなたはメチャ、リッチな車に乗っているんですねぇ?

ええっ?“俺にこんな車が買えるわけないじゃないかア!”
もちろん、私もあなたがこういうクールな車に乗っているとは思っていませんよ。うふふふ。。。
ちょっと言ってみただけ。。。

あああ、これですねぇ。
でも、これGalantではないですかあああ~!
これ、そんなに悪くないですよォ~。結構イカシますよォ~!
あなたも結構車に対するセンスがありますねええぇ~

ええっ? これもあなたの車じゃないの?
あなたも車を持っているのでしょう?

ええっ?たいした車じゃないから、このページで見せたくないの?
それに、あなたの車を売ることは考えてないの?

でもねぇ~、自分の車が現在、幾らぐらいで売れるのか?それを知っておいても無駄ではないでしょう?
万が一お金が入用になる場合だってあるかもしれませんよ。
そのような時、愛車の値段が分かっていれば、すぐに売りに出して現金化することだって可能ですからね。

そういうわけですから、愛車を売りに出す気がないあなたにとっても、この記事は読むだけの値打ちがあると思いますよ。
ぜひ最後まで読んでくださいね。

まず、あなたの新車がいくらで売れるかを一番簡単な方法で知るには、どうしたらよいでしょうか?
ええっ?自動車販売会社に行くに決まっているじゃないか?

ブ~~、それはハズレです。
あなたは現在ネットをやっているのですから、ネットを使わない手はないですよね。
何のためにネットをやっているのですか?
そのぐらいのことはあなただって分かるでしょう?。。。。なんちゃって。

でも、あなただってネットで査定するくらいのことは知っていますよね?
ちょっと上のように言ってみたかっただけですよ。えへへへ。。。

でも、具体的にどこで査定したらよいのか?
たった今、あなたは答えることができますか?

すぐには無料で査定するサイトを知らないあなたのために私がリンクを用意しましたよ。

『あなたのための愛車査定サイト』

上のリンクをクリックすると別窓に“あなたの車の査定ガイド”が開きます。
査定サイトがいくつかありますから、あなたが気に入ったものを選んで試してみてください。

クルマの無料査定の依頼登録は簡単です。
登録後、クルマのことと査定日に関する内容の確認の電話がかかります。
サイトでの登録の際は携帯電話の番号にすることをおすすめします。
でれる時に電話にでれるケイタイ電話での登録がベターでしょう。

査定場所に出向かなくても、査定員があなたの家に訪ねてくれるところもあります。
まめに探してみてください。
わざわざ休日を返上しなくても済むのであなたにとっても好都合だと思います。

5社程度に連絡をとって、3社に絞るのが良いと思います。
その基準としては、全国規模、自宅から近い、無料で自宅に来る、電話で概算を教えてくれる等が考えられます。
クルマの査定には時間がかかるので、あまり多くの会社に査定してもらうのは時間のロスです。

ところで、クルマの種類に応じてほぼ査定額は決まっています。
もちろん査定時期、年式、走行距離数、グレード・オプション、ボディカラーなどで上下に変更します。
相場をあらかじめ知っておく事も必要です。

一回の査定でどのくらい時間がかかるの?
少なくとも一時間はかかると見ていたほうがよいでしょう。
査定のためのクルマチェック、色々な確認事項などがあるからです。
また、その場で買い取り額を提示するという場合はさらにまた時間がかかります。

もし、希望の値段がもらえて、売りたい場合には諸手続き(税金関連など)全て査定員に確認してもらうと良いと思います。
税金や保険などが残っていれば還付される場合があります。
自動車税なども月割りで還付されます。
これは買い取り価格に含むなどの対応になりますので、確認する必要があります。
現在加入している自動車保険を解約した際、月割りで保険料の還付があるか確認する必要もあります。

ちなみに、車を買い換える場合の注意点について一言書き添えますね。

たいてい、現在乗っている車を下取りに出して、新しい車と買い替える場合が多いと思います。
新車を購入するディーラーに下取りに出すのは、余分な手間がかからない点で都合がよいし、
新車ディーラーなら名義変更の手続きもしっかりこなしてくれるはずだから、その点、安心です。
年式の古いセダンなど、中古車としての市場性がないクルマなどは、新車ディーラーの下取りに出すのが最も有利です。

しかし、中古車市場で高い人気を集めている車種では、新車ディーラーの下取り価格より、買い取り専門店の買い取り価格のほうが10万円単位で高くなるケースもあります。
この場合、当然のことながら、新車ディーラーの下取りに出しては損をします。

あなたの愛車を買い換えるときにはこの点に注意する必要があります。
じゃあね。
Good luck!


車の事は何でも ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。