So-net無料ブログ作成
地球・環境・自然 ブログトップ

リサイクルして、あなたも地球に優しくなりませんか? [地球・環境・自然]

リサイクルして、あなたも
地球に優しくなりませんか?

パソコンが古くなったり、
使い物にならなくなって
捨てなければならない時、
あなたはどうしますか?
ええっ?
そんなの決まっている。捨てるの?

でも、あなたは知っていますか?
実は、法律で、パソコンのリサイクルは
決められています。
つまり、捨ててはいけないんですよ。

2003年10月に「資源有効利用促進法」
通称、パソコンリサイクル法が制定されました。
この法律により、不用になったパソコンを、
粗大ゴミとして捨てることが禁止されてしまいました。
必ずリサイクルをするよう、
きちんと処分しなければなりません。

回収業者は、回収したパソコンを、全てリサイクルセンターに運んでいます。
そこで一台一台、手作業で部品が分解され、
貴金属・鉄・ガラス・プラスチックなどの素材ごとにまとめられます。
これをまた再利用していくわけです。
リサイクルもなかなか大変ですが、
リサイクルする事により地球に優しくなっているわけです。
つまり、資源を大切に使っているわけです。

業者はパソコン1台でも引き取りますよ。
あなたも回収業者を利用してくださいね。

ところで、話は変わりますが、
日本のわりばし事情を知っていますか? 
 
250億膳。
これは、日本で一年間に使われるわりばしの量です。

ひとり当たり年間およそ200膳使っている計算になります。
わりばしの原料となる木は、シラカバやエゾマツ、アカマツなどです。

日本は、ほとんど木材を、中国やロシアから輸入しています。
そして伐採により、地球から森林が失われています。

使い終わったわりばしを、もう一度リサイクルしようという動きもあります。
でも、お金とエネルギーはかかってしまいます。
なるべく割り箸を使わないようにするのがいちばんです。

自分用の「マイはし」を持ち歩き、お店やコンビニで箸をもらわないようにしている人もいます。
箸袋に「マイはし」を包み、かばんに忍ばせてみてはいかがでしょうか。

そう言うわけで、あなたも不用品の再利用を考えてみたらいかがでしょうか?
あなた自身にも優しく。
そして地球にも優しくなれますよ。

では、優しいあなたのために、
リンクを貼っておきます。
あなたもクリックして、
業者がどのようなものを引き取り、
あるいは買い取ってくれるか、
チェックしてみてくださいね。

『不用品の再利用で地球に優しくなってみませんか?』

それでは、あなたも私のように気分がウキウキ、ルンルンル~♪~ンとなるように祈っていますね。

あなたが絶対、
見たいと思っていた
面白くて実にためになるリンク




■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』

では、今日も一日
楽しく愉快に
ネットサーフィン
しましょうね。


あなたは地球に優しいですか? [地球・環境・自然]

あなたは地球に優しいですか?

最近たくさんのミネラルウォーターが売られていますね。
いったい一秒間に何本が生産されているか知っていますか?

なんと一秒間に3500本分のミネラルウォーターが生産されているそうです。
全世界のミネラルウォ―ターの生産量は年間1092億リットル。

1リットルのペットボトルを縦に並べると、その長さが実に2730万kmですってぇ~~
月と地球を35往復できる距離になるそうですよ。

世界の5人に1人が安全な水を飲めないという状況なんですね。

あなたは別に安全な水が飲めないわけではないでしょう?
でもミネラルウォーターを買って飲んでいるのではありませんか?
お金を払ってきれいな水を買うなんて贅沢だと思いませんか?

アフリカでは満足に食べものも買えずに餓死している人たちも居るんですよね。
あなたも、ちょっとばかり地球規模で考えてみてはどうでしょうか?

日本でミネラルウォーターを買って飲むことが悪いと言っているのではありませんよ。
誤解がないように。。。

国際化。。。グローバル化になった今。。。
日本だけのことを考えていては、本当の意味でグローバル化になっていないと思いますよね。

プチ・ハッピーな日本での暮らしに飽き足らず、国際協力の一環として、タイに行ったり、ウガンダに行ったり、エチオピアに出向いたり。。。
そのようにしてボランティアで働いている日本人もけっこう居るんですよね。
グローバル化の意味を改めて考えさせられます。

ここで、話をガラッと変えますが。。。
地球温暖化が進んでいることをあなたも知っているでしょう?

石炭や石油などの化石燃料を大量に使うことによって、
一秒で762トン、39万立方メートルの二酸化炭素が排出されているんですってぇ~~。

1950年に比べ4倍以上の排出量で、
このうち384トンが吸収されず蓄積され続けているそうですよ。

そういうわけで、大気中の二酸化炭素濃度が上昇しています。
このことが地球温暖化の最大の原因になっています。

森の樹木が二酸化炭素を吸収し、
酸素に変えることはよく知られていますよね。

しかし杉の木5万本でも1秒で吸収できる二酸化炭素は、
0.01立方メートル程度に過ぎないそうです。

毎年気温が高くなってるから夏は30度を普通に越えるし、
冬は今まで使ってた厚手のコートを使うことがなくなった気がします。。。
あなたはどう思いますか?

温暖化対策を考えてみたことがありますか?

ええっ?
あなた一人が二酸化炭素を減らしても地球規模で考えたらどうなるものでもない?
確かにそう言う考え方もできますよね。

だったら、あなたの身の回りのことで地球に優しくすることを考えてみたことがありますか?
なにも、あなたの自動車の排気ガスから出る二酸化炭素だけに限ったことではありません。

例えば、リサイクルです。
不用品を再利用することによって、地球の資源が枯渇することを防ぐわけです。

材木を切り出すことを考えただけでも、それを運ぶのにトラックが使われ、排気ガスを出しまくります。
だから、地球資源をできるだけそっとして、不用品を再利用することでも、間接的に二酸化炭素を出すことを防ぐことができます。
材木になる森をそのままにしておけば、二酸化炭素を吸収してくれますよね。

そう言うわけで、あなたも不用品の再利用を考えてみたらいかがでしょうか?
あなた自身にも優しく。
そして地球にも優しくなれますよ。

では、優しいあなたのために、リンクを貼っておきます。

『不用品の再利用で地球に優しくなってみませんか?』

それでは、あなたも私のように気分がウキウキ、ルンルンル~♪~ンとなるように祈っていますね。

あなたが絶対、
見たいと思っていた
面白くて実にためになるリンク




■ 『ちょっと変わった 新しい古代日本史』

■ 『興味深い写真や絵がたくさん載っている世界の神話』

■ 『現在に通じる古代オリエント史の散歩道』

■ 『見て楽しい、読んで面白い 私版・対訳ことわざ辞典』

■ 『笑って楽しめる 私版・対訳 慣用句・熟語辞典』

■ 『辞書にのってない英語スラング』

■ 『オンライン自動翻訳利用法』

では、今日も一日
楽しく愉快に
ネットサーフィン
しましょうね。

 


あなたは地球に優しいですか? [地球・環境・自然]

あなたは地球に優しいですか?

2004年は台風が異常に多く発生し、そのうち10個が日本に上陸しました。アメリカでもハリケーンが多発し、しかも大型化しました。また、ブータンやネパールでは氷河湖の決壊による洪水が心配されました。さらに北アフリカでは未曽有の旱魃(かんばつ)が続き、砂漠が急速に拡大しています。地球規模で問題が発生しました。この原因は何なのか?

多くの専門家は地球温暖化に関係すると見ています。なぜ地球が温暖化しているのか?一口に言うと地球全体が温室化しているらしい。どうして温室化するのかと言うと、大気中の温室効果ガス(二酸化炭素やメタンなど)が増えているのです。このようなガスの増大が地球を温暖化し自然の生態系に悪影響を及ぼすのです。

大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させることを目的として、1992年にリオデジャネイロで地球環境サミット(UNCED)が開かれました。ここで取り決められたのが気候変動枠組条約です。この条約は1994年に発効し、2004年現在で日本を含めて188カ国及び欧州共同体がこの条約に基づいて地球温暖化を防ごうとしています。

しかし、現在の状態のまま進むと2100年には地球の平均気温は1.4度から5.8度に上昇して、低地の海岸部や島は水没すると言われています。猛暑だった2004年の日本平均気温は、平年比で約一度高かったのです。

ところで、約1万年前、我われの遠い祖先は氷河期を体験しています。その当時、日本列島は大陸と陸続きで日本海は湖でした。インドネシアやフィリッピンの島々はマレー半島とつながっていたんですね。ところが、温暖化による氷河の溶解に伴って海面が上昇し、大陸と遊離したのです。そのような理由で、「日本湖」は日本海になったわけです。

でも、あなたは私に尋ねるかもしれませんね。「まだ文明らしい文明が起こっていなかった1万年以上前に、どうして温室効果ガスが増加したの?」

この原因はまだはっきりと分かっていないようです。200万年前までさかのぼって科学者が地球の平均気温を調べています。この表が右に表示されたものです。

1万年前の氷河期は第4氷河期なんですね。この前に3つ氷河期があります。第一氷河期は約170万年前に始まって160万年前に終っています。当時、人間が運転する自動車の排気ガスというのはありませんでしたから、温暖化は必ずしも人間の活動とは関連がありません。地球上で何らかの原因によって、周期的に気温の変動があるのです。

ただはっきりしている事は、自動車の排気ガスに含まれる二酸化炭素は温室効果を高めるという事です。このような事情で、各国政府は地球温暖化防止のための京都議定書を1997年に採択しました。アメリカのゴア副大統領は急遽(きゅうきょ)来日して、会議の決裂を防いだことをあなたは記憶しているかもしれません。この議定書は、日本やヨーロッパ諸国はもとより、ロシアも批准し、2005年2月16日に発効しました。しかしブッシュ大統領はこの協定から離脱したのですね。世界最大の二酸化炭素排出国であるアメリカが離れてしまったという事は何としても残念ですね。

ところであなたは粗大ごみに困っていませんか?
不用品の回収・買取を行っているところがあります。
もしあなたが不用品の処理に困っているなら、ぜひコンタクトしてください。
地球に優しくなるためにも。。。。
あなたのリサイクル活動、お手伝いしています。

モノの再使用・再利用が進む世の中になりました。あなたは準備が出来ていますか?

「でも、どうしたら地球に優しく出来るの?」
次のリンクをクリックしてくださいね。

『地球に優しくなるためにも。。。そしてあなた自身のためにも。。。』


あなたは地球に優しいですか? [地球・環境・自然]

あなたは地球に優しいですか?

2004年は台風が異常に多く発生し、そのうち10個が日本に上陸しました。アメリカでもハリケーンが多発し、しかも大型化しました。また、ブータンやネパールでは氷河湖の決壊による洪水が心配されました。さらに北アフリカでは未曽有の旱魃(かんばつ)が続き、砂漠が急速に拡大しています。地球規模で問題が発生しました。この原因は何なのか?

多くの専門家は地球温暖化に関係すると見ています。なぜ地球が温暖化しているのか?一口に言うと地球全体が温室化しているらしい。どうして温室化するのかと言うと、大気中の温室効果ガス(二酸化炭素やメタンなど)が増えているのです。このようなガスの増大が地球を温暖化し自然の生態系に悪影響を及ぼすのです。

大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させることを目的として、1992年にリオデジャネイロで地球環境サミット(UNCED)が開かれました。ここで取り決められたのが気候変動枠組条約です。この条約は1994年に発効し、2004年現在で日本を含めて188カ国及び欧州共同体がこの条約に基づいて地球温暖化を防ごうとしています。

しかし、現在の状態のまま進むと2100年には地球の平均気温は1.4度から5.8度に上昇して、低地の海岸部や島は水没すると言われています。猛暑だった2004年の日本平均気温は、平年比で約一度高かったのです。

ところで、約1万年前、我われの遠い祖先は氷河期を体験しています。その当時、日本列島は大陸と陸続きで日本海は湖でした。インドネシアやフィリッピンの島々はマレー半島とつながっていたんですね。ところが、温暖化による氷河の溶解に伴って海面が上昇し、大陸と遊離したのです。そのような理由で、「日本湖」は日本海になったわけです。

でも、あなたは私に尋ねるかもしれませんね。「まだ文明らしい文明が起こっていなかった1万年以上前に、どうして温室効果ガスが増加したの?」

この原因はまだはっきりと分かっていないようです。200万年前までさかのぼって科学者が地球の平均気温を調べています。この表が右に表示されたものです。

1万円前の氷河期は第4氷河期なんですね。この前に3つ氷河期があります。第一氷河期は約170万年前に始まって160万年前に終っています。当時、人間が運転する自動車の排気ガスというのはありませんでしたから、温暖化は必ずしも人間の活動とは関連がありません。地球上で何らかの原因によって、周期的に気温の変動があるのです。

ただはっきりしている事は、自動車の排気ガスに含まれる二酸化炭素は温室効果を高めるという事です。このような事情で、各国政府は地球温暖化防止のための京都議定書を1997年に採択しました。アメリカのゴア副大統領は急遽(きゅうきょ)来日して、会議の決裂を防いだことをあなたは記憶しているかもしれません。この議定書は、日本やヨーロッパ諸国はもとより、ロシアも批准し、2005年2月16日に発効しました。しかしブッシュ大統領はこの協定から離脱したのですね。世界最大の二酸化炭素排出国であるアメリカが離れてしまったという事は何としても残念ですね。

ところであなたは粗大ごみに困っていませんか?
不用品の回収・買取を行っているところがあります。
もしあなたが不用品の処理に困っているなら、ぜひコンタクトしてください。
地球に優しくなるためにも。。。。
あなたのリサイクル活動、お手伝いしています。

モノの再使用・再利用が進む世の中になりました。あなたは準備が出来ていますか?

「でも、どうしたら地球に優しく出来るの?」
次のリンクをクリックしてくださいね。

http://barclay.e-city.tv/hotinfo/index.html#ecoland


地球・環境・自然 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。